あなたはドリエル?それともグリナ?不眠対策決定版

yjimage

 

不眠で悩んでいる方のなかには、薬やサプリメントを使った

不眠の解消を考えている人もいることでしょう。

 

ここでは、薬局でも手に入る睡眠改善薬ドリエルと、

睡眠サプリとして有名なグリナ、

本当に身体にやさしくて効果があるのはどちらか、

徹底的に検証します。

 

気軽な睡眠改善薬ドリエルの睡眠メカニズムは?

 

top_package_ex_off

 

薬局で手軽に購入できるドリエル。

 

ドリエルを服用するとなぜ眠ることができるのでしょう。

 

それは、ドリエルの成分、ジフェンヒドラミン塩酸塩

秘密があります。

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳の覚醒を促すヒスタミンの作用を

ブロックします。

 

覚醒物質であるヒスタミンの作用を抑えることで

催眠鎮静作用を与え、眠りに導くのです。

 

元祖睡眠サプリグリナが睡眠を改善するメカニズムは?

 

grina

 

グリナは、ぐっすり眠ることに力をいれたサプリメントです。

 

そのため、睡眠アミノ酸といわれるグリシンが豊富に含まれています。

 

グリシンは深い睡眠をもたらすため、ぐっすり眠れるのです。

 

 

不眠には睡眠改善薬?それともサプリメント??

 

point_01

 

睡眠改善薬にも、睡眠サプリメントにも、

睡眠を改善する効果はあります。

 

ただ、薬には必ず副作用があり、服用には注意が必要です。

 

ドリエルがもたらす睡眠効果は、

元はといえば、花粉症薬や風邪薬に使われる

ジフェンヒドラミン塩酸塩の抗ヒスタミン作用によるもの。

 

そしてその睡眠効果は、むしろも副作用とされる

眠気によるものだったのです。

 

16030_513635ab1af7c5.82520978-big

風邪薬や花粉症薬に使われている成分なので、

副作用もこれらと同じです。

 

喉の渇き、胃の不快感、目の乾燥などの副作用…。

 

薬にはどうしても副作用があるのです。

 

そして、ドリエルは継続的な使用をしないよう、

注意喚起されています。

 

つまり、一時的な不眠(環境の変化による不眠など)には

効果的ですが、ストレスなどを原因とした

慢性的な不眠に使用するのは適していないのです

 

 不眠におススメなのは睡眠改善薬よりもサプリメント?

 

00gamen

 

一方、食品であるサプリメントには、副作用はありません。

 

もちろん、過剰な摂取をすれば、成分過多でよくありませんが、

通常の容量を守っていれば問題ありません。

 

また、副作用がないため、継続的に使用が可能です。

 

insomniawomansleeping

 

不眠の原因はさまざまです。

 

結果、解決方法もさまざま。

 

眠れない日が続いて悩んでいる人は、

継続的な使用が可能な、睡眠サプリで快眠を取り戻すことがおすすめです。

 

 

 

コメントを残す